視力回復の基礎「ベイツ理論」 について

視力回復トレーニングの根幹にある理論

そもそも視力回復トレーニングがどういう理論に基づいているかを最初に説明しておくことにしましょう。

視力回復トレーニングの基礎はウイリアム・ホレイショ・ベイツという米国人眼科医が作ったといわれています。

視力が悪いのは眼のまわりの筋肉や視神経の機能が衰えているからで、これら周辺組織を鍛えることで視力は回復すると考えたわけです。

また、この「視力回復はトレーニングをすることで可能である」という考えの理解を深めるには、W・ルーというドイツ人の学者が提唱した「ルーの三原則」を知っておくのも役立ちます。

この「ルーの三原則」というのは、人間の体の各器官・各部位について述べたもので、

使わなければ退化する

使いすぎたら破壊される

適度に使えば発達する

というものです。

これを視力に置き換えると以下のようになります。

メガネやコンタクトレンズの使用(=退化)

目の酷使、使いすぎ(=破壊)

眼球トレーニングなどで目の周辺の筋肉や機能を鍛える(=発達)

以上の理論が視力回復トレーニングのプログラムすべての根底にあることをまずは知っておいてください。なぜこれをするのかが理解しやすくなるはずです。

視力回復のベイツ理論は時代遅れか?

視力回復トレーニングの礎を築いたベイツ博士ですが、そのベイツ博士は人間が物を見るときの眼の動きに関して、

眼は、眼球を動かしている筋肉である、内直筋、外直筋、上直筋、下直筋、上斜筋、 下斜筋の六種類の筋肉を収縮・弛緩させて眼球全体の形を変えることで、水晶体から網膜までの距離を変え、焦点を結ぶように調節している。

と考えていました。

しかし、現在ではこのベイツ理論は眼科の世界では時代遅れの考え方になっており、かわりにヘルムホルツ理論が主流になっています。

ヘルムホルツ理論というのは、

眼でモノを見るときは水晶体に付着している毛球体筋という筋肉が収縮・弛緩することによって水晶体の厚さを薄くしたり厚くしたりし、焦点距離を調節している。

というものです。

なるほど確かに目の構造はカメラに例えられることが多いように今や 一般常識としてヘルムホルツ理論が取り入れられていますよね。

そんななかで視力回復トレーニングに関していえば現在でも実はこのペイツ理論が基になっているものが多いです。というか全部そうです。

それではペイツ理論が基になった視力回復トレーニングは時代遅れなのかというと必ずしもそうではなくて、 意識的に目の筋肉を鍛えることで焦点調節機能を回復させて視力を回復させるという考え方はヘルムホルツ理論も内包しているわけです。

ベイツ博士が述べた人間がモノを見る仕組みは時代遅れなんですが、目の筋肉を鍛えて視力を回復させるというのは時代遅れの考えではないということです。

視力回復トレーニングに正解なし!

ベイツ理論、ヘルムホルツ理論といった話がでてきましたが、重要なのは視力回復トレーニングというのは「弱った機能を鍛えて元に戻す」というものだということです。

そのため視力回復トレーニングというのは目の自然な機能を取り戻すためのリハビリトレーニングともいえることができるわけです。

当サイトで紹介している視力回復トレーニングは目の筋肉を鍛える眼球運動はもちろんですが、精神的な緊張・ストレスを取り除くこと、誤った生活習慣を正すことで人間が本来持つ自然治癒力を高めるということにも触れています。

なかには突拍子もないものもあり、医学的な根拠がないものもあります。

しかし、視力の回復は不可能という人たちが根拠にしているものを視力を回復させようとしている人が参考にしても仕方がないですよね。

視力を回復させようと思ったら、ある意味、道なき道をいくという覚悟が必要だということです。←これ大事です。

ということで早速、視力回復トレーニングに入ります。

視力回復トレーニングをはじめましょう!→眼の周りの筋肉を鍛える