あなたの近視はどの段階?

仮性近視(近視になる一歩手前)

仮性近視は近視のなりはじめといったところでしょうか。

仮性近視は成長期の子供に多く見られるもので、偽近視や調節緊張性近視と呼ばれるように、一時的にピントを合わせる調節能力が失われて視力が低下している状態です。

環境的要因が原因で仮性近視になっていることがほとんどなので、仮性近視を発見したら

テレビやゲームを控える
遠くを見るようにする
姿勢を正す
食生活、夜更かしに気をつける

といった生活態度を改善すると視力も元に戻ることが多いです。

この仮性近視が発覚した段階での迅速な処置が視力回復にとって最も重要であり、この仮性近視の段階での対応がその後の視力を左右するといっても過言ではありません。

眼科では調節麻痺剤(ミドリンM)による点眼治療と毛様体筋の緊張をほぐすトレーニングを併用して治療が行われるケースがほとんどです。

真性近視(いわゆる近視)

真性近視は、仮性近視が進行して近視が固定してしまった状態のことです。

毛様体筋の緊張が固定化してしまい、水晶体が膨らんだまま元に戻らなくなってしまっています。

仮性近視の段階で適切な処置をしなかったことで真性近視に進行してしまうケースが非常に多いです。

仮性近視の状態でメガネやコンタクトレンズを使用してしまうと一気に近視が進行するといわれていますので、親御さんは気をつけたいものです。

屈折性近視(真性近視)

屈折性近視は角膜の屈折力が強すぎるため網膜上で像が結べない近視のことです。

後天的に近視になった場合のほとんどは最初にこの屈折性近視になります。

この段階でも頑張れば視力回復トレーニングで視力回復が可能ですが、ほとんどの場合、目の酷使を改善することなく、さらに近視を進行させて軸性近視に発展させてしまうケースが多いです。

軸性近視に移行する原因としては、緊張の続く毛様体筋などに血行不良が起こることや眼球運動が減少していることから眼球を支える外眼筋の力が弱まって、眼球が薄く伸びてしまうといったことが考えられています。

軸性近視(真性近視もしくは生まれつきの近視)

軸性近視は近視の最終段階です。

眼球が前後に伸びて、網膜を後方に下げた目の構造(眼球がラグビーボールのように楕円形になってしまう)になってしまい、 網膜にうまく焦点が合わなくなっている状態をいいます。

生まれつき視力が悪い場合もこの軸性近視であることがほとんどだといいます。

眼球の形が前後にのびて変形してしまう軸性近視の段階になると「目の筋肉を鍛える」 という従来の視力回復トレーニングのほとんどは、ほぼ効果がなくなります。

強度の近視ともなると軸性近視になっているケースが多く、 視力がでないだけでなく網膜が引っ張られている状態なので、 飛蚊症や網膜剥離といった目の病気が起こる可能性が高く なります。

屈折性近視か軸性近視かを判断する目安としては眼科で診てもらわないとはっきりはしませんが、 メガネをしないとパソコン作業が辛いほどの近視という人は軸性近視かもしれません。

また、眼球が前後に伸びるということもあり、目がギョロとしてきます。

軸性近視になっても視力の矯正(コンタクトレンズ、レーシックなど)はできますが、 根本的な視力回復に関しては、楕円形の形をした眼球構造を戻す必要があるので、 非常に難しいというのが実際のところです。

これが軸性近視が屈折性近視と違って視力を回復させることが困難な最大の理由です。