アイ・トレーニング視快研小牧の視力回復法について

アイ・トレーニング視快研小牧の視力回復法

このサイトをご覧になっているということは、視力回復に興味がある、あるいは、 いい加減ぼやけて見えない視力にうんざりしているのだろうと思います。

ぼやけて見えない視力をなんとか手術なしで回復させようというのが視力回復トレーニングなのですが、やってみると効果がある人とない人がいます。

その理由は当サイトで何度も紹介しているように近視には屈折性近視と軸性近視があって、 目のコリをほぐしたり、 目の筋肉を鍛えることで視力が回復するのは屈折性近視に限られるからです。

そのため軸性近視にまで近視が進行してしまうと視力回復トレーニングでは視力を回復させるのは難しくなるだろうというお話をしました。

近視人口の多くを占めるのがこの軸性近視であるため、トレーニングをしてもなかなか効果がでないということになってしまうのが現状なんですね。

とはいえ、視力回復トレーニング自体はまったくの無駄ではなく、目の疲れは軽減されますし、もしあなたの近視が屈折性近視と軸性近視の混合型ということであれば、 軸性近視でも視力が回復するという可能性はあります。

特に近視歴がまだ浅いとか小学生ぐらいのお子さんなら、トレーニングをすることで視力が回復するということはそれほど珍しいことではないです。

そのため、普通に生活することが目を酷使してしまう環境になっているこのご時世、目のケアとして視力回復トレーニングは習慣としてやってほしい気持ちがあるんです。

基本的な視力回復トレーニングに関しては、このサイトでも紹介している方法で十分なんですが、きちんと体系化された視力回復トレーニングのノウハウを探している方もいるのでは?と思います。

そこで紹介したいのが、アイ・トレーニング視快研で視力回復インストラクターをされている田中謹也さんの視力回復ノウハウです。

これですね。

このノウハウの内容は、サイトでも紹介しているようにベイツ理論とルーの三原則を基本とするものです。

要するに「目を酷使することを控えて、目を正しく鍛えましょう」というもの。

値段は15,800円ということで、ちょっと高いと感じるかもしれませんが、眼鏡市場でメガネを作るとそれぐらいしますし、近所のアイ・トレーニング視快研に通うとなると月謝で8,000〜21,000円はします。

視快研さんはまだ良心的なほうで、ひどい視力回復センターだと15〜20万円しますから、それに比べれば、自宅で自分で頑張らないといけないとはいえ、10分の1以下の値段で 視力を回復できるわけですから、悪い話ではないと思います。

気になる効果に関してですが、

飛び先のページにあるおびただしい数の感謝の手紙やメールをみればよくわかると思います。特に小学生ぐらいの子との相性は抜群です。

「180日間やって視力が0.1も回復しなかったら返金してください」と言い切るぐらいの自信の視力回復トレーニングのノウハウですから試してみる価値はあるでしょう。

大人の場合は、時間もないし、仕事でパソコンやスマホを使わざるを得ないということもあって正直この方法での視力回復は難しいかなーと思います。

※ただ、感謝の声のなかには大人も混ざってますから絶対不可能ということではありません。

どうしても裸眼視力をトレーニングで取り戻したい方は検討してみる価値はあると思いますよ。