その他の目のリラックス方法

手のひらで目を覆う

目のツボマッサージのところでも触れましたが、手のひらで目を覆うことで気を満たし リラックスさせます。

やり方は両手をこすり合わせて、温かくなった手で目を覆います。目が温まると肩や頭まで緊張が取れますし、暗闇のなかで緊張して固くなった目もリラックスできます。

遠くを見ながらギュッと瞬き

ボーーッと遠くを眺めるのは目にとって最高のリラックスになります。

目は遠くを見るときには副交感神経が働いています。(近くを見るときは交感神経)あなたが港町にお住まいなら、 遠くの水平線から戻ってくる船の姿を何もせずに見ているだけ視力が回復するということもあるでしょう。

たまにギュッと瞬きすることで血行が促進されます。遠くに見えそうで見えないものがあれば、ギュッと瞬きすることを繰り返していくうちにだんだん見えてきます。

仕事や勉強の休憩時間にぜひ取り入れて欲しい目のリラックス方法のひとつです。

シャワーで目のマッサージ

お風呂に入ったときにできる目のリラックス方法です。

目をつぶり、まぶたの上から目にシャワーを当てます。ここで注意してほしいのはシャワーを目に近づけすぎないことと、あまり強い水圧でやらないということです。

シャワーを目に当てることで目の周りのツボを刺激しつつ、目を温めることができるため、目の周りの血行をよくすることができます。

目の周りの血行をがよくなると目の下のクマもとれるので、シャワーを使っての目のマッサージは一石二鳥です。

キパワーソルトで目を洗う

これはおまけです。

私はキパワーソルトという塩を使って目を洗うことがあります。なんでキパワー ソルトなのかといわれると説明に困るのですが、家にたまたまあって使ってみたらよかっただけです。

やり方は洗面器などにお湯を張ってキパワーソルトを入れます。そこに顔をいれて 目をシパシパさせます。塩の量は適当でいいです。

水のなかで目を開けると痛くなるはずですが、塩水の場合は痛くないです。

注意事項ですが、必ず顔を洗ってきれいにしてからやるようにしてください。それから髪の毛が塩水に浸からないようにすること、毎日はやらないということも守ってください。

基本的に目には涙というものがあって必要なことは全部やってくれているので涙以外のもので目を洗うというのはある意味、邪道です。

目薬はもちろんですが、目の洗浄液とかいってアイボンなんて商品もありますが、使わないほうがいいですよ。