メガネ/コンタクトとの付き合い方

メガネやコンタクトレンズはしたほうがいいのか?

ルーの三原則に従うとメガネやコンタクトレンズで視力を矯正することは、自分で視ようとする力を失わせてしまうということになるので「しないほうがいい」ということになります。

個人的には半分賛成、半分反対です。

どういうことかというと視力矯正の手段は使い方次第だと思っているからです。

全然見えないのに、メガネやコンタクトレンズをしないということになると、むしろそちらのほうが目を疲れさせてしまいますし、何よりとてつもないストレスになるはずです。

ここでのポイントは、近くを見る用と遠くを見る用のメガネを使い分けること、コンタクトレンズは止めてメガネにすることが、メガネやコンタクトレンズとの正しい付き合い方かなと思います。

メガネやコンタクトを使うと余計に近視が進行してしまうのはなぜ?

メガネやコンタクトレンズを使いはじめるとますます近視が進行してしまうということは よく聞きます。

理由はいくつかありますが、

視力が落ちた原因(生活習慣や目の酷使)を改善していないから
メガネやコンタクトレンズを装用した状態での近点作業はさらなる目の緊張を強いることになるから
そもそもコンタクトレンズは目に悪いものだから

ポイントはやはり生活習慣の改善がまるでなされないことが原因でしょう。

「視力が低下した」という結果だけに目を向けて対処療法的に対応しても視力が低下した原因をなくさないかぎりは視力低下は止まりません。

メガネとうまく付き合うというのは、度の違うメガネを使い分けることと、必要なとき以 はなるべく自分の眼で見ることを意識づけることが大切だということです。

はじめのうちは慣れないかもしれませんが、ギブスをしたままの眼が健康的かといわれればそうでないことに気づくでしょう。

コンタクトレンズは視力低下の最大の原因?

見た目の印象の問題などもあって視力の矯正は、メガネではなくコンタクトレンズにしているという人は多いと思います。

まず知っておいて欲しいのはコンタクトレンズは基本的に遠見視力を出すために作られているので、近くを見ることには適していないということです。

そのためコンタクトレンズをした状態でパソコンをしたり、スマホを見たりといった近見作業を長時間続けるのは目に大変な負担がかかります。

近視が進行するのはもちろんのこと、眼精疲労、ドライアイ、角膜内皮細胞の減少などコンタクトレンズには問題が山積みなんですね。

そのため、近くを見る用と遠くを見る用など用途に応じて使い分けができるうえ、取り外しも簡単なメガネのほうが視力を矯正する方法としては目にはやさしいといえるんです。

コンタクトレンズを使っているという人は家に帰ってきたらすぐにメガネに変えるなど、できるだけコンタクトをしている時間を短くするようにしましょう。

屈折度数にあわせてメガネを作る

メガネも視力に合っていないものを使用するとマイナスの影響しかありません。

メガネを作る際は屈折度数(矯正度数)をしっかりあわせることが重要なポイントになります。

矯正度数については以下の3種類の関係があります。

完全矯正度数・・・メガネやコンタクトレンズの度数=使用者の目の度数
過矯正度数・・・メガネやコンタクトレンズの度数>使用者の目の度数
低矯正度数・・・メガネやコンタクトレンズの度数<使用者の目の度数

過矯正度数のメガネを処方されると大変です。

過矯正というのはいわゆる見えすぎている状態のことですが、こうしたメガネは逆に目の調節を行う毛様体筋が常に緊張することになるため、目が疲れ、頭痛、肩こり、吐き気をも引き起こします。

過矯正のメガネやコンタクトレンズを作らないためには、以下のことに注意してください。

眼科で検査を受けて眼科医の処方箋をもとにメガネをつくること

一日のうちで一番視力が良い午前中の視力を基準にすること

たまに医師以外の人がメガネ(あるいはコンタクトレンズ)を処方していることがあるようです。

目の病気の発見につながることもあるので、必ず眼科でメガネの処方箋を作ってもらって、それでメガネをつくるようにしましょう。